Choker / wool / 2002

2002 Japan Jewellery Art Competition

2002 日本ジュウリーアート展

2000年に入選したものと似ていると言われたこともあるが、作り方は全く別の作品。この丸く突き出た部分を連続して作る(つまり省力化を図るため)やり方を考えたこと、グラデーションの具合を内部から操作することなど、得たものは多かった。