2003

2003-22003 Itami International Craft Exhibition -Jewelry-

‘Planta’ Ring and Pendant

2003 伊丹国際クラフト展 (テーマ:ジュエリー)

リングとペンダントヘッドを組み合わせて、オブジェとしても存在しうるジュエリーを作ったもの。2002のチョーカーの技法をさらに進めて、立体的な形を作る方法を確立した時期でもあった。

ペンダント部は空洞になっていて、ボールチェーンを収納できるようになっている。ボールチェーンを通すためにハトメで穴を作ったのだが、その処理の仕方にもう少し考える余地があったと後から反省。

リング部分はその後、定番のリングとなった。