1999

1999 Itami Craft Exibihition

伊丹クラフト展(テーマ:ジュエリー)

Recollection というタイトルで、美しい記憶を再構成するということで作った作品。

北アルプスの白馬から朝日岳への縦走路での緑がとても美しかったことから、シャーレに地図を沈めてリングとともに構成した作品。オリジナルの形では残っていないが、山のコケや香りを小さい瓶に入れたものと一緒にアクリルの四角い箱に納めている。

この年は工芸センターで色々なお話会やイベントが開館時間を延長して行われていた。時期ははっきりおぼえていないが、坪文子先生から「ジュエリーとはなんぞや」というテーマで講義があった。美しい記憶もまた、ジュエリーのようなものではないか、という話をお聞きし、そこからこの作品を作ったと記憶している。